平和と公正をすべての人に

【ワンコインプロジェクト】ウクライナ難民支援

このプロジェクトの
スポンサーになりませんか?

月額100円からはじめられます

もっとくわしく

【ワンコインプロジェクト】ウクライナ難民支援

【ハーティン主催のプロジェクトです】
 ・スポンサーの寄付額は「毎月500円」一択です。(いつでも止めることができます)
 ・このプロジェクトの寄付先はハーティンが決定し、時勢にあわせて適宜変更致します。
 ・領収書等は、クレジットカード会社発行の領収書のみになります。
 ・寄付金は、プロジェクト終了の翌月か12月中旬のいずれか早い方に活動団体へ寄付致します。

第一弾:医療従事者支援団体 WeSupport様 2021/9/2~2022/3/24(寄付総額25,000クリック分25,000円)
    https://wesupport.jp/
第二弾:ウクライナ緊急支援 AAR Japan[難民を助ける会]様 2022/3/25~継続中
    https://lp.aarjapan.gr.jp/ukraine/

※このプロジェクトの領収書等は、クレジットカード会社(stripe)発行になります。寄付先団体からは発行されません。

    • TOTAL
    • 167,857
    • ¥
    • 167,857
YOU
あなた
スポンサー
募集中
一般社団法人HEARTiN
NPO / NGO

クリック募金プラットフォーム「HEARTiN(ハーティン)」が、このプロジェクトに最適な団体を選出し、寄付します。

活動報告

固定された活動報告

寄付先団体の紹介

2023/08/08 10:09

特定非営利活動法人 難民を助ける会(AAR Japan)
1979年にインドシナ難民支援を目的に日本で発足した、認定NPO法人です。

政治・思想・宗教に偏らずに活動することを基本理念としています。これまでにインドシナ難民、シリア難民支援、ロヒンギャ難民など40年余りの活動実績があります。困難な状況下にある人々の中でも、特に弱い立場にある方々へ、長期的な視点をもって支援していくことを重視して活動しています。
https://aarjapan.gr.jp/

【ウクライナ難民支援のレポート】
https://aarjapan.gr.jp/report/country/ukraine-emergencysupport/

AAR JapanのSNSでは、活動地から届いた最新の情報などをご覧いただけます。
Twitter https://twitter.com/aarjapan
Facebook  https://www.facebook.com/aarjapan
Instagram https://www.instagram.com/aar_japan/

最新のレポート:「ここは私たちの憩いの場」ウクライナ難民集う交流センター:モルドバ

2024/02/13 21:19

写真:AARが運営するコミュニティセンターでクリスマスの飾りを作るボランティアメンバー=モルドバの首都キシナウ

ロシアの軍事侵攻を逃れた約11万人のウクライナ難民が暮らす隣国モルドバ。AAR Japanは昨年7月、首都キシナウに難民と地元住民が交流するコミュニティセンター「Space for Smile」を開設し、たくさんの人々で連日にぎわっています。

「子どもたちは、こんな飾りを喜ぶかしら」「こっちの色にしましょうか」――。雪がちらつき始めた寒い日の午後、暖房を入れたセンターには、クリスマスの飾りつけを作るためにボランティアメンバーが集まっていました。色とりどりの花やキャンディー、雪だるまなどをあしらった美しい飾りが次々に手作りされていきます。

AARが現地協力団体レジーナ・パシス(Regina Pacis Foundation)と運営する同センターには社会福祉士が常駐し、相談者のニーズを丁寧に聞いて個別支援をしています。モルドバに避難して日が浅い難民世帯、ひとり親で子どもが多い家族、障がいや持病を持つ人々など、問題を抱えた人を特定して継続的な支援を提供することは、このセンターの大事な役割のひとつ。協力団体の医師や心理療法士による専門的な支援にもつないでいます。

もうひとつの大切な役割は、難民・地元住民双方にとっての「憩いの場」であること。AARはセンターの利用者に対して、日々さまざまなプログラムやイベント、時には郊外の遠足などを企画し、誰もが気軽に交流できる機会を用意しています。もちろん、こうした活動を支えるボランティアメンバーもセンターの大切な一員です。

最新のレポート:危機にさらされる「世界遺産の街」オデーサ:ウクライナ現地報告(2023年11月)

2023/12/08 09:55

写真:ロシア軍のミサイル直撃で崩壊したウクライナ正教「救世主顕栄大聖堂」=ウクライナ南部オデーサで(2023年11月16日)

「黒海の真珠」と呼ばれるウクライナ南部の国際港湾都市オデーサは、世界遺産に登録された美しい街です。しかし、昨年2月にロシアの軍事侵攻軍が始まって以降、ミサイルや無人機による攻撃が繰り返されています。今年11月にAAR職員が現地を訪れました。

「この大聖堂はオデーサ市民の心の拠りどころ。1999年に再建する時は私たちも寄進したものよ。それをこんなふうに壊すなんて、とんでもない話だわ!」。オデーサ歴史地区にそびえるウクライナ正教会「救世主顕栄大聖堂」(1794年創建)の前で、お祈りに来ていたおばあさんたちが口々に訴えました。ここは市街中心部に位置し、周囲には建物が建ち並んで交通量も多いエリアです。

戦時下のオデーサは、穀物などを積み出す港湾施設や軍事関連施設を狙った攻撃に加え、市街地への攻撃を度々受けています。今年7月23日未明の大規模なミサイル攻撃では、救世主顕栄大聖堂が直撃を受けてドームが崩壊したほか、子どもを含む20人以上が死傷する大惨事となりました。大聖堂では今、がれきの撤去と修復作業が進められていて、許可を得て内部に入ると、鉄骨がむき出しになり、キリスト像の壁画が無残に崩れていました。

AARはオデーサの現地協力団体「The Tenth of April」(TTA)と連携して、南部ミコライウ、ヘルソン両州の国内避難民と地域住民への現金給付・食料配付を近く開始します。事態が長期化する中、困難な状況に置かれた人々に寄り添う支援がいっそう重要になっています。

最新のレポート:精神科医によるカウンセリング実施@ウクライナ(2023年10月)

2023/11/26 13:28

写真:精神障がい者のカウンセリングを行うアンドリー医師(左)

AAR Japanはヴィンニツァ州内の3つの障がい者施設に精神科医を派遣し、障がい者のカウンセリングを実施しています。このうち2つの施設は州都ヴィンニツァ市から遠く、車で片道1時間半から2時間以上かかります。精神科医のアンドリー医師は週に3日、1日に1施設を訪問し、残りの2日はオンラインでカウンセリングを行っています。

しかし、普通に会話ができる人ばかりではなく、言葉によるコミュニケーションが難しい場合もあります。また、施設の生活で孤独を感じ、心を閉ざす人もいると言います。カウンセリングの難しさを尋ねると、アンドリー医師は「みんな話したくないわけではなく、心を開く準備ができていないのです。そのような場合は、じっくり時間をかけて話を聞きます」。心理状態を汲み取るために、相手の表情や動作をよく観察するのも大切です。

障がい者や高齢者が健康な暮らしを送るためにカウンセリングが欠かせない一方で、ウクライナでは医師が十分な報酬を得られていないという実情があります。遠隔地まで定期的に診察に出向いてくれる医師を確保するのは容易ではなく、AAR Japanの資金援助はこうした面でも役立っています。

最新のレポート:障がい者と家族が元気に暮らせるように@ウクライナ(2023年9月)

2023/10/16 10:07

写真:オープン・ハーツの施設でアクティビティに参加する障がい児たち

AARが資金援助を続けるウクライナ中部ヴィンニツァ州に拠点を置く知的障がい者の親の会オープン・ハーツの最近の様子をお伝えします。

オープン・ハーツの活動施設を9月下旬に訪ねると、知的障がいのある子どもたちがゲームを楽しんでいました。ここで実施されているのは、「レスパイト・ケア」(障がい者と介護者が一時的に離れて過ごすことで「ひと休み」する支援)と呼ばれるプログラム。1グループあたり8人の障がい児が12日間滞在し、ソーシャルワーカーのケアを受けながら、木工細工や料理、ダンス、屋外活動など様々なアクティビティに取り組みます。

介護者(多くの場合は母親)はその間に介護を離れて休息を取ったり、普段はできない用事を済ませたりします。障がいのある10歳の娘を持つヴィクトリアさんは、「オープン・ハーツのレスパイト・ケアに娘を預けて、普段なかなか作れない自分の時間を持つことができました。娘も同年齢の仲間と一緒で楽しかったようです」と笑顔で話しました。

AARは同団体が運営する施設の2階部分に6つの居室と倉庫、会議スペースを整備するのを支援し、国内避難民や障がい者を最大74人まで受け入れることが可能になりました。居室にはレスパイト・ケアの参加者が滞在し、会議スペースは障がい児のアクティビティや保護者向けのセミナーなどに活用されています。

次の5件を表示