人や国の不平等をなくそう

知的・発達障がい児のサーフィンスクール ~海から陸へのノーマライゼーションの社会づくり~

このプロジェクトの
スポンサーになりませんか?

月額500円からはじめられます

もっとくわしく

知的・発達障がい児のサーフィンスクール ~海から陸へのノーマライゼーションの社会づくり~

知的・発達障がいのある子どもたちに向けて、2005年に始めたサーフィンスクールです。社会とのコミュニケーションをとり、サーフィンを通して自然と触れ合うことで笑顔になり、感情溢れる健やかな成人になって欲しいとの願いが込められています。

神奈川県の茅ヶ崎海岸をホームとし、当初は年1回だったスクールも、今では日本各地でも開催しています。
そして全国の子どもたちに安定して海やサーフィンを楽しんでもらうため、任意団体だったOcean’s Loveは2012年11月、NPO法人Ocean’s Loveを立ち上げ、2017年6月、認定NPO法人となりました。

Ocean’s Loveはスクールに参加してくれる子どもたちやご家族。お手伝いをしてくれるボランティアスタッフ。ご支援・応援してくださる企業やサポーター、そして皆様のLove&Smileで出来上がっていく活動です。

For the smile of children.

今は神奈川県のみの開催となっていますが、また全国の子どもたちとサーフィンをできる日を願って、活動の継続を頑張ります!
応援よろしくお願い致します。

    • this month 2,000
    • total 9,500
YOU
あなた
スポンサー
募集中
認定NPO法人 Ocean's Love
NPO / NGO

知的・発達障がい児のための
・サーフィンスクール
・スポーツスクール
・啓蒙活動
・お仕事体験
・アフタースクール(2021年10月OPEN)
・チャリティグッズショップ
を行っています。

活動報告

ひとことメッセージ

こんにちは。発起人のアンジェラ・磨紀・バーノンです。
この活動を日本でやってみたいと思ったきっかけは、私の兄に障がいがあり、以前から何か自分が出来る事はないかな?と思っていた時に、ハワイで自閉症の子どもたちにサーフィンを体験してもらう活動に参加し、これだ!と思いつきました。

波に乗るまでは私のことさえ見ることもできず、ずっと下を向いていた子どもたちが、沖に出て波に乗って岸に戻ってくると、満面の笑顔!
もう1回、もう1回!と、沖を指差す子どもたちを見て、サーフィンが、海が、これまでにも子どもたちの心を動かすパワーがあることに感動しました。

1人のサーファーとして、私も海に入っていて海から癒してもらい、海に愛されて、自然の大切さ、感謝の気持ちなど、多くの事を学んでいるので、この気持ちを少しでも多くの人たちとShareすることが出来たら、なんて素晴らしいのだろう、と思い活動しています。

今では毎年多くの子どもたちの笑顔から、沢山の元気をもらい、毎回子どもたちから沢山の事を学ばせてもらっています。
なかなか海に行かれない子どもたちや、サーフィンというものさえ知らない子どもたち。
障がいがあっても色々なことにチャレンジできる環境を作り、子どもたちの可能性を信じ、将来への道を広げてあげるのが私たちの役目。

目標は全国でOcean’s Loveを開催すること。そして、その開催を通じて参加をしてくださる皆さんに、障がい者への理解を深めていただき、みんなが住みやすい社会を作っていくことです。
これからもたくさんの方にご参加いただきながら、全国の子どもたちの笑顔を増やしたいと考えています。

1人でも多くの子どもに海の素晴らしさ、サーフィンの楽しさを知ってもらえるように・・・

目指すのは、海から陸へのノーマライゼーションの社会づくりです。
皆様のご理解とご協力を、よろしくお願い致します。

認定NPO法人 Ocean’s Love
代表 アンジェラ・磨紀・バーノン 

なにをやっているのか

サーフィンスクールの基本的な1日の流れをご紹介します。
当日はこどもひとりに、海担当・陸担当・キッズヘルパーなど、4~5名のボランティアさんがチームとなりサポートします。

7:00 ボランティアさんによる準備
ボランティアさんは朝7:00に集合して、テント設営や担当する子どもの特徴を確認するなどして、準備を整えます。
その後チームに分かれて、担当するこどもの特徴を共有します

8:30 参加するこどもの準備
9:00 準備体操
担当する子どもとコミュニケーションをとりながら、ウェットスーツに着替えるお手伝い。
怪我のないよう、みんなでしっかりと準備体操。

9:30 サーフィンの練習
アンジェラをお手本に、まずは砂浜で練習。その後、それぞれのペースで海へ。

11:30 ごみひろい
12:00 お昼ごはん
サーフィンの後、海に感謝してみんなでビーチクリーン。
そしてランチタイム。BBQやロコモコ丼などを、みんなで美味しくいただきます。

13:30 思い出づくり
14:00 おわり
クールダウンに貝殻を使ったフォトフレームづくり。海の思い出と一緒に持ち帰ってもらいます。

こどもたち1日おつかれさまでした!
ボランティアさんは後片付けまであと少しお付き合いお願いいたします!

なぜやるのか

子ども達の笑顔は最高です!
最初は緊張し不安でいっぱいな顔や態度をしていても、海に入りサーフィンをしていると顔も態度も穏やかになり、楽しんでいる姿を見ると元気をもらえます。

そして知的・発達障がい児でも1年前はできなかった事が1年後には出来るようになっている、成長した姿を見ると日々の生活の中で健常児と同様たくさんの事を学び、たくさんの事が身についていたんだと思うと涙が出るほど嬉しくなります。

そしてわがまま勝手に思われがちな子ども達ですがとっても心優しく、優しくされた瞬間に大変だったことなどが、一遍に吹っ飛びもっと頑張ろう、もっともっと人にやさしくしなくてはと思います。
子ども達からたくさんの事を学ぶことができ本当に幸せな時間となります。

私たちは~海から陸へのノーマライゼーションの社会作り~というテーマをかかげ、どんな人でもやりたいことがやりたいときにできる環境を夢見て活動をしています。
障がいがあるなし関係のない社会になって欲しいからこそ今後も、海から発信していきたいと思っています。